2017年の11月、アディダス株式会社と日本サッカー協会は2018ワールドカップに向けた日本代表の新シーズンユニフォームを発表しました。

今度日本代表ユニフォームは伝統的な勝色を意味する深い藍色を採用して、この特徴的な刺し子柄に注目が集まっていました。

勝色とは日本の伝統色である深く濃い藍色のことです。武将たちが戦いに挑む際に身にまとった、それは深い色で、戦う時、血があっても見えません。勝利を取るのは当たり前のことです。

ユニフォームの首元には20年の字様を印し、それは日本代表が20年以来、ワールドカップ初出場の歴史記念を象徴しています。ユニフォームの本身には歴史を紡ぐ糸をイメージした「刺し子柄」を利用して、これまでの日本サッカーの歴史を築いてきたあらゆる選手やスタッフ、サポーターたちの想いを紡ぎ、ロシア大会へ挑むというメッセージが込められています。

歴代ユニフォームの通りで、チームエンブレムは左胸にワッペン織り縫い付けて、上に日本の国旗を刺繍して、右胸にはアディダスのメーカーロゴをつけています。肩にはアディダスの3本ホワイトラインをつけています。襟元は赤い色を採用して、綺麗ですね。